首のイボケアに定評のある「アプリアージュオイル」!その人気の背景には、原料へのこだわりがありました

asian-413122_960_720

有名女性誌やメディアで話題となり、今や160万本以上の販売実績を誇る「アプリアージュオイル」。

今回は、首やデコルテの「加齢イボ」に効果が期待できるポイントと、イボ予防に効果的な使用方法をご紹介します。

アプリアージュオイル配合成分の原料「杏仁オイル」。原料を厳選し、製法にもこだわっています!

アプリアージュオイルの「杏仁オイル」に採用したアプリコット原料は、南フランス産のエクストラバージンアプリコットから抽出したオイルです。

杏仁オイルには数種類の脂肪酸が含まれていますが、一般的には製法の段階でオイルを搾る機械の圧

力が加わり、脂肪酸が劣化してしまう事も多いのです。

しかし、ここが市販の他製品と違うところなのです。

アプリアージュオイルの杏仁オイルは、低温圧搾で搾った一番搾りのオイルしか使っていません。

その上、農薬散布を必要としない、豊かな土壌で育てられたアプリコットのみを使用しています。

鉱物油や合成着色料、合成香料も一切使用していないので、顔に出来たイボにも安心して使えますし、首など隠しにくい所のイボにも安心して使うことができます。

こうして、新鮮な状態で私達の肌に届けられた脂肪酸には、老化や紫外線を浴びる事で乱れてしまった、肌の生まれ変わりのサイクルを整えてくれる効果が期待できます。

加齢イボは、潤いを保てなくなった角質層が硬くなる事で皮膚が隆起した結果できますが、アプリアージュオイルは、このイボの表層を柔らかくする事で、肌奥の細胞がまっすぐ表面に出て来るように促し、次第にイボを小さく、目立たなくさせてくれます。

アプリアージュオイルを使った方々からも「効果を実感した」と高い評価が!

olive-oil-968657_960_720

首周りのポツポツしたイボには、朝と晩にアプリアージュオイルを塗り込みます。

すると、次第にイボの根元が細くなっていき、ポツポツしていたイボが、徐々にシワシワでカサカサな形状になり、自然に取れて無くなります。

すると、イボケアに使った30代から50代の幅広い年齢層の方々から、「イボが目立たなくなった」、「1ヶ月ほど使った時に、イボがなくなっているのに気が付いた」という嬉しい声が届いています。

またイボケア以外にも、アプリアージュオイルには顔やデコルテのマッサージに使用することで、肌の透明感が出てきたり、しわが目立たなくなるなどの効果を実感した方が多いです。

杏仁オイルの他にもこだわりの成分がたくさん!アプリアージュオイルは安心の成分でできています

杏仁オイルの他にも、アプリアージュオイルには角質を柔らかくして脂肪酸やビタミンを浸透させやすくするための「ヨクイニンエキス」や「植物性スクワラン」がたっぷり含まれています。

また、「βカロチン」や「天然ビタミンE」によって、お肌の酸化を抑制する効果も期待できます。

これらの配合成分は、私達が普段の食事で口にしている食物から抽出した成分ばかりですので、医薬部外品ではありますが、安心感をもって使えます。

特に首イボは、取れても再び出てきますので、イボ周辺の肌もスキンケアすることでイボの予防に繋がりますので、イボにお悩みの方は、ぜひ一度アプリアージュオイルを使ってみてください。

アプリアージュ以外の首イボケア商品

アプリアージュ以外の首イボケア商品を探している方もいるかと思います。

有名なところですと、艶つや習慣、シルキースワン、クリアポロンなどが人気ですね。

これらは有効成分のヨクイニンを使用しており、首イボがポロッと取れると評判です。

その中でも、おすすめなのは、クリアポロンです。

詳しく解説しているサイトにクリアポロンの口コミ(別サイト)がりますが、多数紹介されている口コミでも高評価を得ているようです。

ぜひ、色々見比べて、後悔のない選択をしてください!!

日本も他民族国家にならないともいえない

首と肩がかなり痛いです。泣きが入るとはこの事でしょうか。
日本語だって、日本人しか話さないという意味で、凄いマイナー言語なのに、日本人が日本にはほとんどいないため、日本語を講師としても、全然仕事としては成り立つわけですよね。
どこかで書いたか、行書、草書なんて、確実に他の国の人には理解出来ないものですしね。
でも、例えばカタログ語の古語というものがあれば、それを学んでどういう意味かと聞くのも、これもまた面白い話だと思うんですよね。
書道教室は、日本のキッズに習わせるのには、一番多い方法なのだそうですが、向こうも案外そういう部分があるのかもしれませんよ。

そういえば、インドネシア人っぽい人が、病院で働いていました。サラマットパギって言ったら、パギパギって返されましたよ。
インドネシア語も、挨拶だけで交信が出来る、これってすごい事だとしか言いようがありません。
オリンピックj前になってきて、日本語を習得したいという人も多くなってくると思いますし、これからも日本にいて、日本で何かをしたいとなった時、日本も、やはり他民族国家にならないとも限りません。
他国の文化を尊重するという考えを持つと、世界観は変わってくるのではないでしょうか。

連続鑑賞

「バレッツ」鑑賞。
『「レオン」から17年。愛する者を守るため、男は再び戦うことを決意する。』というキャッチコピーが「レオン」の感動再びかって思うけど、んなぁことはない。
やっぱり、レノさんも歳とったしね。派手なアクションは出来ませんわな。
スティーブン・セガールの域に入ったかなーと思うけど、セガールはまだ合気道があるだけにアクションも楽しめるけど、レノさんにはその魅力がないから、貫禄オンリーで成り立っている映画かも。
この作品、登場人物がもの凄く多い。全ての人物の顔と名前を覚えるのが難しいかと。観終わった後に、アイツってなんだったの? と確認したくなる。続いて「男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW」鑑賞。
ジョン・ウーが制作総指揮を務める「男たちの挽歌」のリメイク作品。
元作の監督はジョン・ウーなのでセルフリメイクって形になるんかな。
まあ、安心して欲しい。鳩は出ないw それと双子の弟も出ないw
予告編を観たときは、マシンガンをぶっ放すシーンが多くてこれは違うだろうと思ったけど、抵抗なく楽しめたね。物語の背景はオリジナルと異なるけど、後半は台詞がほぼ一緒の展開だったし、見事なまでに「男たちの挽歌」でしたよ。
個人的にはオリジナルのBGMが好きなので、音だけで言えば本作はイマイチだったかな。