子育てに優しい地域??

私が住んでいる地域は子育てによい環境と言われていました。

なにを持ってかはわかりませんが、広い自然公園があるとか商業施設に乳幼児向けの店舗が多いなどといった理由だったんでしょう。
しかし実際は、全く子育てに優しくなかったです。

主産できる産婦人科が少なく、妊婦のときには電車で15分以上かけて通院していました。
出産時はさすがにタクシーを使いましたが。

補助も少ないし、赤ちゃん会も場所が遠く月1回しか開かれず。
たまたま住んでいた場所が悪かったのかもしれませんが、赤ちゃん連れでの健診も相談も遊びに行くのも、基本自家用車か電車・バスを利用しないと行かれないので移動だけでも大変。

そして最悪だったのが幼稚園決めです。

子どもの数に対して幼稚園が足りず、先着順や抽選で年頃の家庭では毎年熾烈な就園活動が繰り広げられていたんです。
入園1年前はもう就園活動で費やされます。園見学に運動会やバザーへの参加、説明会めぐり、そして願書受け取り。

願書提出時は、先着順の幼稚園は3日前から行列ですよ。

それでも就園できない子もまれにいるということで、自主保育サークルなんてうたわれた未就園の子どももいたぐらいです。
小学校もプレハブ校舎が経つぐらい教室が足りず、学区もぐちゃぐちゃ。

少子化を見据えて、子育ての予算を増やさなかったみたいです。将来的には落ち着くのでしょうが、今生きている子どもたちにとっては悲惨な状況です。
最近出生率や子どもの数も頭打ちになってきたようで、代わりにシルバー世代が急増している地域です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>