同姓からのナンパ

飲み会の帰り道に、一人で駅まで向かっていました。

改札まであと少しのところで女性に声をかけられました。

「あの…」、振り向くと女性3人がそこにはいました。
道でも聞かれるのかと立ち止まったところで、「遅くまでやっているカフェ知りませんか?」とのことでした。

あいにく夜も遅く、近くに目ぼしいお店はなかったので、ファーストフード店を案内しました。

そうすると1人がそのお店を知っている様子でした。

少し違和感を覚えたのは、その人が実はこの辺りの地理に詳しそうな発言をしていたからです。

変だなとは思いつつも、同性を無視はできないのでニコニコ話を続けました。

そうすると、先程の女の人がどんどん話を広げていき、残りの2人が少しツッコむような流れが出来上がりました。
私は終電を気にしながらもふられる話に対応していきましたが、次の瞬間「これから飲みにいきましょうよ!」と言われてしまいました。

さすがに知り合いではなく怖かったので、終電があることを伝えると「LINEを交換しましょう!そして今度飲みましょう!」とのことでした。

交換すると言われたのでよく喋っていた女の人とかと思ったら、ボーイッシュな女の人とでした。

不思議に思いながらも帰してもらえるならと思い交換をして別れました。

その後、彼女から何度か連絡がきたものの、怖くて返信することはありませんでした。

何かの勧誘なのか、その彼女のおめがねにかなったのか、真意は分かりませんが、同性でも気をつけようと思った1日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>