バスでも乗り換えについては考えていただきたい

鉄道は、遅延した場合に終着駅や乗換駅、若しくはその駅で接続する列車と無線などで連絡を取り合って、お客様が乗換できるように調整することがよくあり、利用客としては大変有り難いことですが、これがバスの場合はあまり無く、乗り遅れに対する保障もほぼ皆無に等しいのが現状なのです。

近年では元々同じ会社で運営されていたバスが、赤字や不採算などを理由に自治体や他のバス会社に譲渡することが少なからずありますが、そういった場合に、従来連絡を取り合って接続を考慮してくれた事例が考慮されなくなってしまうことも珍しくありません。

最もバスだけを乗り継いで利用する客の数は決して多くありませんが、それでも少数ながらいるお客様のことを考えてもそういった連携は続けていくべきではないかと思います。元々少ない利用客のバス業者にとっては更なる利用客の減少に拍車をかけることになりますし、何よりサービス低下の観点から利用客からの批判も避けられそうにないと思います。

バスの場合は鉄道と異なり、乗用車に混じって走る車を1人の運転士が運行から案内、改札まで全て行わなければならないため、運転士1人に対する負担も相当大きなものとは思いますが、本社などと無線で連絡を取り合っているバスもよく見かけます。まずはそういったバスを中心として、乗り換えの考慮や連携を図っていくことが利便性の向上につながるのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>